そういうことだったのか…!超高層ビルの最上階に届く「はしご車」が存在しない理由。。。。
2023/06/13

広告

「はしご車」は救助活動に欠かせない存在ですが、一定の大きさまでしか存在せず、超高層ビルに対応しきれません。はしごを伸ばしたり、水圧を上げたり、車体を大きくすることで対応しようとしても、科学的な要因や技術的な問題があって非常に難しいです。また、はしご車が届く高さは地上31mが限界で、この31mを境に消防に関わる設備が備えられています。火事などの救助活動ではしご車が使えない場合でも、最小限の被害を抑える設備があることも勉強になります。

広告

AD
記事