【感動必至】出産後、妻を亡くした清水健アナウンサーの壮絶な20キロ激ヤセ!退職の真相に迫る涙の証言
2023/06/25

広告

清水健アナは、2001年に大阪・読売テレビに入社し、ローカルニュース番組のメインキャスターなどを務めていた。2013年には結婚し、奈緒さんとの間に男児が誕生したが、その直後に奈緒さんが乳がんであることがわかり、治療を受けた後、2015年2月2日に29歳で亡くなった。この出来事をきっかけに、清水健アナは『112日間のママ』という本を出版し、奈緒さんの思い出や家族との日々をつづっている。また、印税で清水健基金を設立し、がん撲滅や難病対策などに取り組む団体や個人を支援する活動を行っている。2017年1月には、読売テレビを退社し、シングルファーザーとして子育てをしながら、講演活動を精力的に続けている。

広告

AD
記事