子供たちの考える「不審者ってどんな人?」警察から保護者へのお願いに共感の声…
2023/07/25

広告

子供たちが不審者について考えると、「サングラスにマスクをかけた人」と答えることが多いそうです。しかし、実際の不審者は普通の格好をしていて、優しい言葉で近づいてくる人が多いと警鐘を鳴らしています。不審者が「私は不審者ですよ」と自己紹介しながら歩いていることはないため、子供たちに普段の人々に気をつける必要があります。ポスターやテレビでは「サングラスにマスク」というイメージが定着していますが、実際は普通の格好の方が多いので、親も含めてしっかりと子供たちに不審者について教えていくべきです。

広告

AD
記事