デヴィ夫人がジャニー喜多川の性被害者批判で国連特別報告者が激怒…人権侵害的な発言と問題視
2023/07/25

広告

デヴィ夫人、ジャニー喜多川さんの性加害問題を疑問視し非難する。少年隊・東山紀之さんは被害告発を勇気あると賞賛されるがデヴィ夫人は批判。元ジャニーズJr.の岡本カウアンさんはデヴィ夫人に反論し、性被害を告発することの困難さを指摘する。国連の小保方智也特別報告者もデヴィ夫人の言動を問題視。ネット上ではデヴィ夫人には冷静に考えて欲しいとの声が上がる。デヴィ夫人はジャニーズ側に立って発言し、被害者批判を行っていたことが明らかになる。ジャニー喜多川さんの性加害問題には過去に裁判があり、デヴィ夫人はこの話に触れず、ジャニーさんのプロデューサーとしての功績を讃えた。デヴィ夫人による行為はセカンドレイプと呼ばれるものであり、被害者たちにとっては更なるダメージを与える可能性がある。

広告

AD
記事