祖父の日記から出てきた『72年前の紙』 内容に「考えさせられる」「素晴らしすぎて泣いた」
2023/06/24

広告

日記から出てきたのは、1951年(昭和26年)の投票済証。この時代の投票率は非常に高く、総務省によると、衆議院議員総選挙では75%前後の数値が記録されています。残念なことに、「自分1人の投票では何も変わらない」「面倒だから」「興味がない」といった理由で、投票を行わない人も多い現代。sayakaさんが投稿した祖父の投票済証は拡散され、ネットを通して多くの人が、投票の大切さを再認識させられたようです。

広告

AD
記事